ホーム > 生え際 育毛剤 > 20代の半ば過ぎから少しずつ髪の毛が細くなった

20代の半ば過ぎから少しずつ髪の毛が細くなった

自分は育毛剤を使っています。

親の遺伝、元から薄毛の傾向もあり、20代の半ばを過ぎたころから少しずつ髪の毛が細くなり、生え際が後退してきたので、早めの対策が必要と考え、20代の半ば頃から育毛剤を使用してきました。

今年で45歳になりましたので、もう20年近くになります。

とても長くお付き合いしているのだと今さらながら思います。

よく、「育毛剤を使っても気休めにしかならない。そんなものに無駄なお金を費やすのなら、旅行に行ったり美味しいものでも食べたほうが有意義ではないか」と言う人がいます。

確かにそれもその通りだと思います。

自分でも、どの程度、生え際の後退に育毛剤が効いているのかわかりませんし、育毛剤を使うことに固執するよりもむしろ食事のバランスを考えたり不規則な生活を改めることの方が大切かもしれません。

また育毛剤は日常に使うものとしてはかなり高価です。

1年にかかる費用を考えると家族でちょっと豪華なディナーを楽しめるくらいのお金を払っている計算になりますし、使い続けたところで、この先も抜け毛や薄毛が根本的に治るわけでもなく、出費はずっと続くことになるので、それを考えると無駄な買い物をしていると思えなくもありません。

しかし考えようによっては、もしかして使っていなければもっと早く薄毛になっていたかもしれないし、日々の出費も「化粧品のようなもの」と考えれば割り切れます。

できるだけポジティブな思考で、もう少しの期間、育毛剤と付き合っていこうかと思っています。

別に自分には育毛剤は必要がないと思ったら、その時には、やめてもいいのですから。

生え際の薄毛の原因と育毛剤を使う改善策